読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向かい風が当たり前

【Give me a minute, I'm good. Give me an hour, I'm great. Give me six months, I'm unbeatable.】 and 【Every time is a big moment.】

シマノ鈴鹿:2時間エンデューロ ソロ、順位103位、2:09'48"、ave 34.98km/h

レース

体重:59.3kg
外気温:??℃(6時);曇り
本日の走行距離:92.6km(内訳 アップ17.1km/h、レース75.5km) (ave. 35.0km/h レース),595
今月積算:499.9km、今年積算:3100.0km
4:30時起床(睡眠:5時間)、5:30出発


朝5時半、青葉の兄様にお迎えいただき、鈴鹿サーキットに向けて自宅を出発。
四日市ICから鈴鹿ICまでは第二名神完成後に慢性化している渋滞の為に、川越ICで国道23号に降りた。
見慣れた四日市の景色、前職場を兄様に説明しながら、10時半鈴鹿サーキット駐車場に到着(所要時間は5時間)


MS97シマノ鈴鹿組みの兄様と再開+初めてお会いするお二方にご挨拶。
お二方は初めてお会いする方だが、話していてとても楽しいお方。今度は飲みにもご一緒させて欲しい。
四日市での生活が懐かしくなった。

ウォーミングアップ

三本ローラーでアップとダウンも含めて約20分、心拍を徐々に上げて165bpmになったところで数分維持。暑くて我慢できなくなってダウンに移した。
その後、兄様と「今日はこの人の為に走る!」などと談笑しながらレースまで待機。

レース直前

先頭から10列目前後の良いポジションに青葉の兄様と並ぶことができた。
並んでいるだけなのに心拍計を見ると、既に130bpm!?高すぎる。緊張していた。
スタート直前のライダーズミーティングで、係りの人から
「1周目はローリングスタートだから先導のバイクを抜かさないように」との説明。
この説明で少し安堵した。

レース

スタート!!
いきなり、ペースが早い。
(誰よ?先導バイクを抜かさないようにって言ったのは。)
心拍もいきなり186bpm。先が思いやられて泣きそうになった。
シケインでMS隊長からの激励のお陰もあり、何とか3周は先頭集団に張り付いていたが、4周目のスプーンで脱落。青葉の兄様も遠ざかって行った。
その後は一人旅。
約1時間後にMSキャプテンにラップされた。そして48崎兄様にもラップ。途中まで48崎兄様の列車に乗ったが、ホームストレートの直線でついて行けず。
最終周直前でキャプテンに2ラップ目をくらってゴール。
こんどのウィダー4時間ソロが思いやられる。

結果

順位103位、2:09'48"、ave 34.98km/h
青葉の兄様のaveよりも約2km/h遅かった。またもや完敗。
落車もせずに無事完走。無事、ゴールまで連れて行ってくれた愛車に感謝。