読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向かい風が当たり前

【Give me a minute, I'm good. Give me an hour, I'm great. Give me six months, I'm unbeatable.】 and 【Every time is a big moment.】

応援+サイクリングだったのに

自転車

シマノ鈴鹿、応援。
今年はレースに出るほどの練習していないので、エントリーはしなかった。
でも応援に行きました。自分がレースに出た時に応援してもらったらとても力が出るし、レース後の「お疲れさん」という声が有るのと無いのでは雲泥の差なので。


嬉しいことに小室さんと軽く練習に行くことになっていた。10時に合流して練習(サイクリング)に出発。O54師匠と渡邊さんも同行。
グリーン往復とした。
グリーン途中でなぜかO54さんが上げ始めた。というかいつもの練習よりも上げていた。午後からTTなのに大丈夫なのか??と思いつつ、当然ながら切れた。


7-11で昼食後にサーキットに戻る。戻りは中勢バイパスで。


午後からチームTTのレース観戦。
やっぱり、O54師匠が切れていた。O54師匠だけノーマルロードレーサーのチャリ、Tバーも無しということもあるだろうけど、先ほど、上げ過ぎていたのがやっぱり原因じゃないの?と思いつつ、小室さん曰く、「あの午前の走りであれば、今の状況でもかなりの戦力になる。登りで切るのは勿体ない。」ということ。そして「O54さん、相当強いよ」だそうな。
O54師匠、負けてなお強し。


やだけんも個人TTに出場、終わった後に灰になっていた。いい顔だ。