読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向かい風が当たり前

【Give me a minute, I'm good. Give me an hour, I'm great. Give me six months, I'm unbeatable.】 and 【Every time is a big moment.】

事務所で会議、昼食後に移動して工場で会議、ホテルへ

朝から会議。内容濃厚で時間が経つのが早かった。
昼食は事務所のキャンティーンで。牛肉の文字だけみて注文したらなぜかインドネシアかマレーシア系の料理。
異常に辛い、、、

こんなに唐辛子が入っていた。唐辛子の量が容器の1/3位に達しそうな雰囲気。


で、この昼食を食べた後で、工場に移動します、ってことで小型バスで工場に向かったのだが、
このバスのドライバーの運転が荒いし、他の車を煽るし、ウィンカー無しの車線変更、片側三車線を縦横無尽。
周囲の車も同じような荒い運転レベルで、怖いのなんの、ハリウッドの映画じゃないんだから、吐きそうになるし、手が汗でベットリ。
1時間半位。工場に着いたときはもうグッタリだった。やられた。
でも、昔、出張に行ったイランはこの2倍は怖かった。
工場はこんな所。


またまた、過酷な現場確認と打合せを行って、帰路に。
太陽が、、、、煙っていた。


無事、ホテルに到着して、夕食に出向く。
夕食は北京ダック。老舗らしい。確かに美味い。でも安い。後で調べたらどうやらチェーン店らしく、東京にもお店があるらしい。

 

生きてて良かった。


それから、こいつにも結構苦しめられた。
電動100%のバイク。これが歩道と車道を縦横無尽に走る。電動100%なので、音が無い。なので、背後から忍び寄って至近距離でクラクションを鳴らされる。その度に心臓が口から出そうだった。
 
HONDAの文字があったが、こいういのも作ってたんだ。。本物なのか?