読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向かい風が当たり前

【Give me a minute, I'm good. Give me an hour, I'm great. Give me six months, I'm unbeatable.】 and 【Every time is a big moment.】

栂池サイクル回顧

レース

5時半起床。6時に朝食。出発の準備をして7時過ぎに出発。宿から自走しようか車で移動しようかと悩んだが、車を持って行っておくとレース前の準備等になにかと便利だろうと車で移動。
会場の体育館に到着すると、もうかなりの車が到着していた。だけど駐車できないほどではない。


ローラーを持っていっていなかったのでアップはコース温泉街から上の緩やかな上りをインナー×ローで軽く回しながら走ってアップ。約30分走って、170bpmまで上げた。
その後、MS97 H本キャプテンとスタート地点下の線路横の平地でもう一度アップ。スタート地点の列に並んだ。


同じグループには我がMS97のP-kariさん、Hのさん、なるしま murata師匠が居られる。さらに一つ後ろの組にMS97のH本キャプテン、チョッキーズのT2王子、二つ後ろの組にはMS97 kona兄様、チョッキーズT4隊長が居られる。
キャプテン、王子には抜かれてもなんとかkona兄様、T4隊長には抜かれたくないと思っていた。


スタート後、P-kariさん、Hのさんはあっという間に見えなくなり、murata師匠もじわじわと離れていった。スタート後の急斜面は気持ち抑えて、温泉街に入った。このあたりからハムが痛くなってきた。昨日の疲れ?
T2王子、続いてH本キャプテンに抜かれてしまった。


たんたんと辛抱していたが、中間点付近から心拍も160bpm程度となってしまい、kona兄様、間もなくT4隊長にパスされてガックリ。この付近からペースも落ちてしまった。
垂れてくると腰の角度も倒れてしまい、脚もよけいに回らなくなった。意識して腰の位置を戻しながら、それなりに走って結局1h18min。練習不足。

だけど、前回よりもなんとなく負荷を掛けていた時間は長かったし、一昨年よりも3分短縮できた。もう一年頑張れば来年また短縮できる気がする。


アップはローラーの方が良いと思う。次回は三本ローラーを持っていくか、宿で兄様が持って居られたV270も静かで良かった。帰宅後、ブログを拝見するとtrekさんも購入されていたし、ただ今、V270を購入しようか思案中。
道中、m-kip巨匠に写真を撮影してもらって感謝。だけど、周りの人と比べて明らかに腹回りが太い。


治さないといけない点は、

  • 規則正しい生活をすること。生活環境を整えて体も心も絞らないと。
  • 時間を作る。「時間がない」というのは怠け者の常套句。少しの時間でも練習しなければ。

まずはここから。