読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向かい風が当たり前

【Give me a minute, I'm good. Give me an hour, I'm great. Give me six months, I'm unbeatable.】 and 【Every time is a big moment.】

Inner Muscle

珍品・便利品

6時前起床。自転車を乗ることも考えたが、今日は家で仕事を片付けなければならない。路面もウェットだったので、仕事に専念することにした。家に仕事を持ち込むことだけは止めたかったのだが、会社に行くのは通勤時間が勿体無いし・・・・


そのうち、子供達が活動し始めたので仕事は一休み。注文していた商品を受け取りにスポーツオーソリティに行った。
購入したのは、asicsのInner Muscle。着るだけで肩甲骨にあるインナーマッスル(深層筋)と大腰筋を鍛えることができるそうだ。今月初めに衝動買いしたのだが、サイズが無かったので注文していた。

(以下、Inner Muscleのパッケージに記載されていたもの)

見逃されがちな大切な筋肉
インナーマッスルは、体の深層部にある筋肉で、関節を安定させ、カラダのバランスをとるための大切な筋肉です。数年前からアスリートの間でこの筋肉のトレーニングの重要性が認められ、最近では美容・健康法としても一般的に注目されています。

  • 肩に悩みをお持ちの方に

着るだけで変化を実感
背筋が伸び、美しい姿勢に
肩まわりの筋肉の緊張をほぐします
肩の稼動範囲が大きくなり、肩のパフォーマンスがアップ!

着用すると、肩甲骨が後ろから引っ張られる感じ。(着けた事は無いのだけど)鎖骨バンドや昔、通販で売っていた姿勢矯正バンドを弱くした印象。胸が開き、猫背が矯正されているイメージがあった。


ついでに大腰筋強化スパッツも買ってみました

(同じく、パッケージに記載されていたもの)

脊柱を支える大切な筋肉
インナーマッスルとは深層筋とも呼ばれ、骨に一番近い筋肉のことを言います。
姿勢を保ち、内臓や脂肪を支えるのがインナーマッスルの役割です。大腰筋は腹部の奥にあるインナーマッスルで、上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉として、脊柱を支えるという重要な働きをします。「大腰筋トレーニングは、美しい姿勢は体型につながることから、最近美容法・健康法として注目を集めています。

  • 「大腰筋」が弱ると

姿勢のくずれの原因に

  1. 大腰筋が弱ると、脊柱が前傾し、いわゆる猫背になります。
  2. するとそれに伴って骨盤が寝てしまうことで内臓が落ち込み、ぽっこり下腹、たれ尻の原因となります。
  3. さらに猫背になるとおなかの周りの筋肉がゆるむため、あまり使われなくなり細くなった腹筋の隙間に脂肪が付きやすくなります。

以前、横浜市スポーツ医科学センターで腰痛の治療を行ったときにドクターから、わたしは骨盤が寝ていて猫背気味なので腰に負担がかかっていると指摘されたので、骨盤の矯正は前々からのわたしの課題でした。
こちらは着用するとヒップアップパンツの様なイメージ。軽くお尻と太ももが圧迫されていて、歩くときに足の戻りにバネが効くような感覚があった。


帰宅してから約12時間着用してみました。このブログを書いていて、使用上の注意として
「購入後は、1日30分程度の短時間の着用から開始していただき、徐々に着用時間を延長してください。購入後直ちに長時間着用することは避けてください」
と書いてあった。。。。いきなり長時間着用してしまった。今のところ、体に違和感は何もない。
[rakuten:sportsman:10031284:image] [rakuten:sportsman:10028348:image]

asics Inner Muscle