読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向かい風が当たり前

【Give me a minute, I'm good. Give me an hour, I'm great. Give me six months, I'm unbeatable.】 and 【Every time is a big moment.】

シマノサイクルアカデミー(講師:野寺選手)

そういえばシマノ鈴鹿の時に、シマノサイクルアカデミーに行きました。
個人個人にシマノの選手がワンポイントアドバイスをしてくださる貴重なコーナーです。


幸いにも野寺選手に教えてもらうことが出来ました。
野寺選手のアドバイスは

A(野寺選手):先ずポジションを見ましょう。
膝の内側の調度くぼんだところに紐を当てて、センターがペダルの中心軸にくればOKです。
(調べてみて)わたしは調度良い位置にありました。
つぎにペダルからクリートを外して、ペダルを下支点にした状態で踵とペダルに2〜3cm空間が出来ればOKです。
(調べてみて)わたしは調度良い位置にありました。
ということでポジションはあらかたOK
そこで質問
Q(私):登りで強くなるにはどうすればよいでしょうか?
A(野寺選手):ハンドルのどこを持っていますか?手前のフラットな所を持って呼吸を楽にしてください。
Q(私):ハムストリングを上手く使えていない気がするのですが
A(野寺選手):感覚が覚えて下さい。ハムストリングが疲れるようなペダリングを体験するしかないですね。
Q(私の心):それが分からないんですけど・・・・
本来はこの程度で終了だが少し粘って
Q(私):骨盤を立てるポジションというのが良く分かりません。どの様な点に意識すればよいのでしょうか?
A(野寺選手):胸やお腹の前に空間を持たせる様な意識を持てば骨盤が立ちます。ただ、骨盤を立てるのがベストということではないですよ。ケースバイケースで最もパワーがでるポジションを探せばいいと思いますよ。


最後のアドバイスはなるほどと思いました。